生大根の便秘解消効果

一部ではかなり有名らしいのですが、生大根を食べることで頑固な便秘が解消し、なんと8キロもの減量に成功した人もいるのだそうです。生で大根を食べるというと何やら難しそうなイメージですが、大根サラダや大根おろしなど、意外と私たちは生で大根を食べていますので、そう難しく考える必要はありません。生大根を食べるときのポイントは、「大根をおろして汁まで全部食べること」です。これはいろいろな食材にいえることですが、大根をおろしてその水分を絞ってしまうと、大根の栄養素はすべて汁のほうに行ってしまいますので、十分に栄養を摂取することができません。大根おろしはできるだけ汁のまま活用してください。大根おろしは場合によってかなり辛いときがあるので、ここで辛くない大根おろしの作り方をご紹介しておきます。大根をおろす際は、必ず上の部分を使用すること。下の部分は辛味が強いので、スープや煮物など火を通す料理に使用します。そして大根をおろすときは、力づくめにおろすのではなく、軽い圧力でゆっくりおろすと辛味の少ない大根おろしになりますので、お試しあれ。

生大根の実践とその効果は?

大根おろしはいろいろな調理法で食べられます。しらすおろしやなめこおろしなど、これまで汁を絞って作っていたメニューを汁ごと食べるようにしたり、なめ茸と和えたり、納豆に加えるなどして食べると食べやすいです。1回に食べる大根おろしは1cm程度の輪切りをおろしたもの。これを朝昼晩と3回いただきます。ほかの食事は普通に食べてよいので、大根おろしが嫌いではない人ならかなり手軽で楽しい方法ですね。実践した人は、2日目くらいにかなりしっかりしたお通じがあり、続けることで毎日お通じがくるようになったそうですから、高い効果があるというのは本当みたいです。大根おろしは鎮静作用があるほか、貧血改善効果もある優秀メニュー。ぜひ大根おろしで便秘を改善し、健康体を手に入れましょう。

一緒に読まれる記事:更年期障害の緩和と便秘解消における食生活

Comments are closed.