ホルモンバランスを整える食事とは

更年期障害は、女性ホルモンの働きが急激に衰えることによって起こりますので、ホルモンバランスを整えることで、更年期障害の症状も和らぎます。ホルモンバランスを整えるのに有効な栄養素は、ビタミンEや亜鉛、大豆イソフラボンなどです。大豆イソフラボンについては後述しますが、ビタミンEはかぼちゃやアボカド、アーモンドなどの豆類に多く含まれます。ほかの栄養素同様、これらの食材をバランスよく摂り入れ、ホルモンバランスを整えていきましょう。もし多忙などによりどうしても食生活が乱れてしまうという人は、サプリメントを活用するのもおすすめです。亜鉛は牡蠣やタコなどに多く含まれますが、なかなかこれらをこまめに食べるというのは難しいですよね。亜鉛のサプリメントは比較的手軽な価格で販売していますので、ぜひ取り入れてみてください。アボカドは「畑のバター」ともいわれる優秀な食材で、ホルモンバランスはもちろん、美容にもよい成分がたくさん含まれています。脂質も多いのでダイエットが心配という人もいるようですが、アボカドの脂質は脂肪にならないものなので、安心してたっぷりいただきましょう。

豆乳を積極的に飲もう!

女性ホルモンといえば「大豆イソフラボン」といわれるほど、今では広く定着していますね。大豆イソフラボンとはその名の通り、大豆に含まれる成分です。この成分は女性ホルモンと似た働きをするため、閉経後に女性ホルモンが減少してしまったときに活躍してくれます。大豆イソフラボンが一番効率よく摂取できるのは豆乳です。豆乳は手軽に飲むことができますし、ダイエットにも効果的なので、ぜひ毎日飲むように意識しましょう。豆乳の独特の風味が苦手という人は、スープや料理に使うのがおすすめです。ポタージュなど、通常牛乳で伸ばすものを豆乳に変えれば、ヘルシーにおいしくいただけます。豆乳臭さは残りません。さらにおすすめなのが「豆乳グラタン」で、ホワイトソース作りに使う牛乳を豆乳にチェンジするのですが、こちらも一切豆乳の風味が残らず、かつヘルシーなのでぜひ試してみてください。

参考:便秘の原因は更年期障害!?更年期障害と便秘の関係とは

Comments are closed.